勉強してスキルアップ|仕事のモチベーションアップ大作戦~従業員の意欲向上を目指して~

モチベーションマネージャーとは~仕事に役立つ資格~

勉強してスキルアップ

パソコンを操作する人

モチベーション管理が仕事で必要な理由

仕事の目標を達成するためには、自分自身だけでなく部下やスタッフのモチベーションを高く保つことが重要です。人間は、辛いと思う仕事やつまらないと思う仕事に取り組むと集中力がなくなり、注意力も散漫になるためミスも多くなります。また、モチベーションの低いスタッフが一人でもいると他のメンバーにも影響を及ぼし、職場全体の雰囲気が悪くなることがあります。逆に、モチベーションが高いスタッフが多い職場は、活気があり、皆も成果を出そうという意識のため、高い成果を生み出すことに繋がります。
ただ、モチベーションを上げ、それを維持し続けることは、難しいことですよね。例えば、成果を出すために、いくら一生懸命努力したとしても、必ずしも成果に直結する人ばかりではありません。思いのほか成果が上がらなかったり、失敗をしてしまい、それをいつまでも引きづってしまったり、人と比べて劣等感を感じてしまうと、あっという間にモチベーションは下がってしまうことでしょう。また、仕事に慣れてくることで単純作業になってしまい刺激がなくなる場合や、成果に見合う報酬が得られない場合も、モチベーションを高いまま維持することは困難になります。

モチベーション管理に役立つ資格

仕事のモチベーションをマネジメントする資格として、「公認モチベーション・マネージャー」というものがあります。モチベーション管理の理論と実践を学ぶ新しいビジネス系の資格です。会社員や就職活動をする大学生向けの自己モチベーション管理のためのBasic、組織管理者やプロジェクト管理者向けのAdvanced、経営幹部やコンサルタント向けのProfessionalの3段階あります。Basicでは、自己のモチベーションをアップすることを目的に、モチベーション全般に関する知識や理論を身につけます。Advancedでは、部下のモチベーション向上や組織内のコミュニケーションの活性化を目的に、他社に対するモチベーション管理を中心に実践で使えるスキルを学びます。そして、Professionalでは、組織全体の活性化やその仕組みづくりのために組織に対するモチベーション管理を中心に、理論、知識、実践スキルを習得します。

資格の取得方法

Basicは、公認テキストを購入し、資格試験に合格すると認定されますが、AdvancedとProfessionalは、講座を受ける必要があります。Advancedは公認テキストを購入後、4回の一日講座を受講する必要があります。毎回レポートの提出と確認小テストがあり、23の理論と実践スキルを身につけて、資格が認定されます。Professonalは、公認テキスト購入後、講座を半日受けた後、試験を受けて合格する必要があります。Basicの資格を取得してなくても、Advancedから受験することは可能です。受験資格は中学卒業以上で、申し込みは2週間前からインターネットでできます。合格発表は、試験日の約1か月後です。ちなみにBasicの合格率は70%程度のようです。