モチベーションアップを実行しよう!~仕事への意識を見直す~

今、企業に注目されるエンゲージメントサーベイ

現代企業ではエンゲージメントサーベイを実施する傾向が強まってきました。エンゲージメントサーベイが注目されるようになってきたのは、社員のモチベーションを高めるのに苦労している現場が多くなってきたからです。従業員には就職してから定年退職に至るまで高いモチベーションを持って働き続けて欲しいというのが企業としての本音であり、それを実現できるような環境を作り上げるためにエンゲージメントサーベイを利用するケースが増えてきています。

仕事のモチベーションを上げる方法・ベスト5

no.1

コンペによる賞金の授与

モチベーションを上げるための方法として、企業がよく行ってきていて根強い人気があるのがコンペです。社員に自由な形で発想や企画を募集し、その中でも優秀なものに対して賞金を授与するというように成果に対して報酬を与える形になっています。

no.2

自発的な発案の促進

従業員のモチベーションを高める方法として、自発的に考えた案を積極的に上層部に提出できる制度を整えることもよく選ばれています。発言する機会が与えられなければアイディアを無にしてしまうことになりますが、このような制度があると企業も従業員も高い満足が得られるのです。

no.3

研修を受ける機会の提供

仕事に関連する知識や経験を得る機会を従業員に対して与えるのもモチベーションを高めるのにつながります。研修を受ける機会を企業として与えるのは代表的な方法であり、希望に応じて定められた回数だけ研修を受けられる制度はよく取り入れられているものです。

no.4

管理職の徹底した教育

仕事のモチベーションを削いでしまう原因になりやすいのが、上司と部下の上下関係です。部下を活かす意識を持った管理職を徹底して育て上げることによって、現場の士気を向上させるというアプローチは長期的に効果のある方法として着目されています。

no.5

朝礼の実施による統率

従業員が企業の一員としての意識を持つようにする習慣を作るのは、効果的な方法です。朝礼を実施してラジオ体操などを行い、皆で仕事に一丸となって従事するという形を作り上げることもモチベーションを上げることにつながります。

[PR]

エンゲージメントサーベイ調査を利用しよう
会社の活性化にピッタリ☆

意識づけが肝心

男女

セミナーを活用して能力アップ

セミナーを活用することで仕事のモチベーションを高めるのは効果的な方法です。エンゲージメントを高めるためにも有用な方法であり、企業では積極的に活用する意味があります。社内セミナーとして企業の成長したい方向性に合っている演者と内容を選んだセミナーを実施することにより社内教育の一環としていくと、従業員の考え方の方向性を企業方針に合わせていくことが可能です。また、それが直接一人一人の従業員の能力の向上にもつながります。事業全体の効率が良くなるだけでなく、人間として成長できていることを実感できた従業員からの評判も高まるでしょう。セミナーの内容を慎重に吟味する必要はありますが、その内容を決める際にもエンゲージメントサーベイが役に立ちます。

社員ひとりひとりの意識向上が大切

高いモチベーションを持って仕事に従事できるかどうかは最終的には一人一人の意識に依存してしまいます。しかし、それを尊重して意識向上に結び付けられるように企業側が働きかけていくことは可能です。エンゲージメントサーベイは、一人一人の従業員からの調書を取って個人を理解するための機会にもなります。全体としての方向性付けに活用する情報源とするだけでなく、個人の意識改革を求めるためにも活用することが可能です。従業員がそれぞれ何を思って仕事に従事しているのかを把握し、そのできるだけ多くを叶えられるように社内を整備していくことが重要になります。それが一人一人の従業員の意識の向上につながり、事業全体がうまく回るようになるのです。